Carlo Rivetti (SPORTSWEAR COMPANY S.p.A president)

私のファミリーは、イタリアのファッション産業の歴史と深く関連しています。
そして、そこから派生したSTONE ISLANDのヒストリー。この2つの物語の根本は直観力と情熱です。


19世紀、イタリアのテキスタイル工場で初の紡績機のオペレーターであったGiovanni Battista,の息子Giuseppe Rivettiは、父親の繊維製造に対する情熱を受け継ぎ、自身もこの世界に魅了されていきました。そして会社を興す資金作りと機械を買うために、ファミリーで運営する農場の牛を少しずつ売り始め、1872年にウールのテキスタイル工場を創設しました。これが私達の会社のスタートです。


1920年代、Giuseppe Rivettiのファクトリーは、トリノに拠点を置く大手繊維メーカーGFTグループ(Gruppo Finanziario Tessile)と合併しました。私の叔父Pinotは、チャレンジ精神と才能をかわれGFTの主要メンバーとして引き抜かれました。Pinotには、自社のパフォーマンスを拡大するために、ウールファブリックにラバーコーティングを施すという目標がありました。

 

研究に対する情熱は、私の父Silvioにも強く受け継がれました。 戦時中、トリノの広範囲な爆撃によりピエモンテの我々の工場はひどく被害を受け、父Silvioは新しい市場を探してアメリカに旅立ちました。そこで彼はパームビーチ社を見つけます。同社は、まだヨーロッパには普及していなかった既製パターンとグレーディングのノウハウを持っていました。彼は半年間そこで働き、このノウハウによるイタリアでの成功を確信すると、帰国して兄弟を説得しGFTの買収に乗り出しました。

 

1950年代初期、アメリカ人とイタリア人では平均的なサイズが異なるため、改めて25,000人のイタリア人のサイズを計測し、イタリア中で統一できるサイズチャートを作り上げました。医学委員会FACISの認可を受け、これまで仕立てという概念しかなかったイタリアの衣服を、より効率的に作る事が可能になったのです。

 

この年はイタリアファッションの歴史に残るミラクルな年となりました。GFTはある土曜日の午後、トリノのひとつの店で、ダークブルーの1型のスーツを400着売るという偉業を成し遂げました。

 

それからというもの、GFTは急速に発展しました。しかし1973年にオイルショックが起こり、この厳しい不況時にセールスを回復するため、策を講じる必要がありました。そこで当時GFTの社長であった私の従兄弟Marco RivettiはフランスのデザイナーEmanuel Ungaro.と契約を結び、生産を請け負う事となりました。以来GFTは、Giorgio ArmaniやValentinoなど、当時のイタリアファッション界のトップとして君臨する数々のブランドの生産を手がけることになりました。

 

私は1975年にGFTに加わりました。私はファッションの新しい領域として、よりタイムレスなスポーツウェアを作るというアイディアを持っていました。一方80年代前半のグラフィック界では、革新的で最先端のクリエイションを創造するEmilia Romagnaというデザイン会社が注目を集めていました。同社はTrabaldo Tognaグループとグラフィック・アーティストMassimo Ostiによる共同経営の会社でした。私はMassimo Ostiにウェアのデザインを依頼しました。彼のクリエイションとGFTの生産技術のコラボレーションは、我社の成功と成長への過程でした。

1983年、Massimo Ostiはウェアのデザインに専念することを決意し、私達は共同でSTONE ISLANDブランドを立ち上げました。それが、現在に続く私の旅の始まりでした。 私は、ファッションの未来の主流はスポーツウェアとインフォーマルウェアであると強く確信していました。Massimo Ostiと共に創り上げたウェアに一目惚れした私は、完全に自身のブランドに専念するため、GFTグループを去る決意をしました。そして、現在、私と姉のCristinaで経営するSPORTSWEAR COMPANY S.p.Aは1993年にGFTグループから完全に独立しました。 会社の哲学には、私自身が映し出されています。1983年、私は大企業の確立したノウハウと自身のイメージを持って "suit and tie"の世界から飛び立ちました。その1年前のことです。私達のもとに"テラ・ステラ"という名前の特別なファブリックが届きました。トラックの幌に多用される防水布の表裏の色を変えたものです。非常にユニークな生地でしたが、私達が既に展開していたレーベル(C.P.COMPANY)のイメージとは少し違うと感じていました。そこでMassimo Ostiは想像を絶する7着のジャケットのコレクションを作りあげました。ミリタリーを強く意識したスタイルに、後にブランドの象徴となるバッジが付いていました。そのバッジはミリタリーのストライプと勲章からインスピレーションを受けていて、コンパスは海への愛情と永続的な研究にまっすぐに突き進むという私達の志を象徴したものでした。

 

私は、Massimo Ostiは天才だったと思います。少なくとも10年前の彼は自身のフィールド以外のものに対しては内向的な男性でした。そして当時の偉大なファッションデザイナーがスターとして称賛される状況が好きではありませんでした。彼は自身をファッションデザイナーではなく、むしろプロデューサー(製作者)だと思っていました。 彼の功績によりSTONE ISLANDはブランドとして確立しました。ただ売れるだけではなく、彼のインフォーマルウェアに対する信念に忠実でした。彼の作る服はミリタリーやワークウェアからインスピレーションを受けています。そして終わりの無いテキスタイルリサーチがいつも共にありました。

 

Massimo Osti のクリエイティブな才能に導かれたSTONE ISLANDの80年代は、成功と発展のエキサイティングな日々でした。 私が1993年にGFTグループからSPORTSWEAR COMPANY S.p.Aを買収した少し後、Massimo OstiはSTONE ISLANDのコレクションのみに専念したいということで会社を去りました。しかし結局、我々の行く手はバラバラになってしまいました。私は早急に21世紀のSTONE ISLANDをデザインするという難しい仕事の担い手を探さなければなりませんでした。

 

翌年、ミュンヘンの見本市をあてもなく彷徨っていると、ドイツのブランドの小さなブースを見つけました。その時、強い衝撃と親近感が混ざり合う不思議な感覚を覚えた私は「STONE ISLANDの未来はここにある!」と心の中で叫びました。 私はその場でいくつかの質問をし、その天才的な才能の持ち主がPaul Harveyというイギリス人で、幸いにもローマに住んでいる事を知りました。

 

1996年、革新と連続の名の下に我々はブランドの第2の時代に乗り出しました。彼は最初に24のコレクションをデザインしました。実用性を重視するイギリス人らしくSTONE ISLANDに革命を起こそうとはしませんでした。しかし、これまでとは違う進化と研究という点は常に一貫していました。 Paul Harveyは独特なキャラクターでした。ロンドンのセント・マーティンズ芸術学校で繊維とテクノロジーデザインを学び、卒業後1年の間トラックドライバーをしていました。当初ファッションは彼のキャリアパスではなかったのです。ファッションデザインの仕事を始めたのは、彼がイタリア人女性と結婚し、イタリアに移り住んだ後のことです。 Paul Harveyは彼の血で完全にSTONE ISLANDを解釈していました。そして見事にブランドを新しい世紀に導きました。 我々は彼に莫大な借りがあると思っています。 12年の素晴らしい時を一緒に過ごした後、彼は"新しい何かをする"ためにここを去らなければならないことを感じていました。彼の崇高な野望の前に、私は受け入れ支持するのみでした。

 

その瞬間、私は「舵を握っている1人の男性」の時代が終わったという結論に達しました。時代が急進的に変わった、そして、本当に現代的であるために多文化的であることが必要だったと、私は思いました。少しずつ、そして益々、断片的に解釈する事が難しくなっている世界のあらゆる面と向き合うために、唯一の方法としてそれぞれのマインドとそれぞれのヴィジョンを持ったチームを作ることでした。そしてこれが2008年から今日までのSTONE ISLANDの姿です。

 

私は自身をコーチのようなものだと思っています。ピッチの上にどの人物を送るべきか、どんな戦術でプレイすべきか。我々は常に、より敏感に、より慎重に、よりスピーディに我々の強さと弱さについてのサインを読み取る準備ができている必要があります。結果的に、異なる年齢や異なる文化を持ち、それぞれが異なる視点で観察できる人々が必要となります。そのような人達が集まりチームとなってSTONE ISLANDを支えています。

 

これが私達の歴史です。私はそれを皆さんと共有したかったのです。 私達と皆さんを結びつける1本の糸。継続的な実験と研究に対する情熱が、他のブランドとは異なる、とても特別なSTONE ISLANDを 創りあげると信じています。

 

Copyright (C) Stone Island. All Rights Reserved.